家庭菜園 水耕栽培 トマトの育て方 ナスの育て方 キュウリの育て方 スイカの育て方 ジャガイモの育て方

トマトの水耕栽培 ナスの水耕栽培 トウモロコシの育て方 ピーマンの育て方 パッションフルーツの育て方


家庭菜園デビューの方

菜園デビューする方の現在のレベルをチェックしてみましょう!

下記の項目で知っているもの(意味が解るもの)をチェックしてみましょう

①酸性土壌とアルカリ性土壌
②化成肥料
③8-8-8 14-14-14 チッソ リンサン カリ
④苦土石灰
⑤うねを立てる
⑥黒マルチ
⑦牛糞堆肥
⑧脇芽を摘む
⑨自家受粉
⑩うどんこ病

今思いついたものを10個書き出しましたが・・・何個知っていますか?

10個すべて理解している方は十分な知識があると思いますので「水耕栽培」をトライしては如何ですか・・・これは自己満足世界とも言えますが(笑う)

0個~9個の方はEテレで毎週放送している
「趣味の園芸やさいの時間」の時間を1年間見る事をお勧めします。NHKの回し者ではありませんが、私が家庭菜園デビューした時も「やさいの時間」にお世話になりました。春・夏・秋・冬それぞれの野菜の育て方をタイムリーに放送しておりますので、基礎を学ぶには最高の手段だと思います。
趣味の園芸やさいの時間 Eテレ毎週日曜日午前8時~ 再放送毎週木曜日午前8時~


■これからは「やさいの時間」を見た事を前提に話を進めていきますね

家庭菜園と言っても、その方の環境でスタイルは大きく変わります。住まいがマンションなのか戸建の庭付きなのかで大きく変わり、マンションの場合はプランターや鉢を利用するしかありません・・・・水耕栽培という方法もありますが・・・デビューで行うにはハードルが高いかもしてません。水耕栽培に関しては別のページで紹介しますが、既製品を使用すれ土を使わず初心者でも可能です。戸建ての庭付きでしたら小スペースの畑を作る事をお勧めします。畑で栽培すれば水やりの作業が軽減されますし、何と言っても収穫量がプランターや鉢に比べて飛躍的に上がります。

■あなたは「プランター・鉢派」?「畑派」?どちらでしょうか?

いくら家庭菜園に興味があっても・・・実際に作業をして・・・合う?合わない?があります。・・・まずはプランター・鉢を利用してトライするのが良いかもしれません。私もデビューした際はプラスチックの鉢で「トマト&ナス」を作りました。今考えると満足できる量の収穫ではありませんでしたが、初めて収穫したトマトが食卓に出てきた時は嬉しかった!継続して菜園を行っていれば自分なりのノウハウを生まれますし、徐々に収穫力もアップし・・・夏野菜を育てる春が楽しみになると思いますよ!

■それでは何を作りますか?
初心者でしたら「トマト」「ナス」「キュウリ」「20日大根」「パクチー」あたりが良いかもしれません。まずは夏野菜の代表「トマト」を・・・中でもミニトマトが作りやすいのでお勧めです。基本的な日常管理さえすれば失敗することはありません・・・脇芽を取る・・・これだけでも十分です。意味がわからない方はトマトのページを見てください、まずは実践することです。これからホームセンターに行ってミニトマトの苗と野菜用培養土を買ってきましょう。

ホームセンター苗を買う際の注意!苗には「接ぎ木の苗」と「実生の苗」がありますので・・・「なるべく接ぎ木の苗を購入しましょう。接ぎ木の苗とは・・・は耐病性のに優れた品種を台木にして、美味しいトマトの品種を接合させた苗です。つまり下と上が別の品種なのです。家庭菜園の場合、昨年と同じ場所に作るケース多いので。連作障害を避ける意味でも「接ぎ木の苗」を選びましょう!








Copyright(c)2019 by www.farm.8reiwa.com All right reserved.